--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-08(Fri)

金沢大地稲刈り会

10月2日(土)、秋晴れ、金沢大地の田んぼは黄金色に輝いていました。今年5月に植えた「ひとめぼれ」が収穫の時を迎え、金沢大地代表の井村さんほか、スタッフのみなさん、オルター金沢会員のご家族の方々が参加し、「稲刈り+はさ干し体験会」が行われました。

DSCN3321.jpg

大人も子どもも鎌を手に取り、立派に育った稲穂を刈ってゆきました。
こんな小さな子どもだって、ちゃんと稲刈り出来るんです。

DSCN3327.jpg

その後、金沢大地の菅野さんより、はさ干しのための稲穂の束ね方を教わりました。
結った稲穂は、順に竿にかけて天日干しにします。水分濃度が下がり、お米が美味しくなるそうです。

DSCN3368.jpg

ひと働きした後は、金沢大地の皆さんが新米おにぎりと、お味噌汁を用意してくださいました。お米も、お味噌も、そしてお豆腐も、もちろん金沢大地のものです。

DSCN3373.jpg

ごはんを頂く前に、井村さんから子どもたちに向けてお話しがありました。

「畑の周りには、いろいろな生き物が住んでいるんだよ。
例えばカエル、作物に嫌なことする虫たちを食べてくれるんだ。
このカエルは、ただ土があるだけではやって来ない。ちゃんと役目があるから存在するんだよ。
この枝豆を見てごらん。ほら、穴が空いているだろ?
これはマメクイシンガという虫が食べた跡なんだ。
僕はこの虫が嫌いだけど、このマメクイシンガにもきっと何かの役目があるんだろうね。」

DSCN3376.jpg

井村さんからのメッセージは、私たち大人の心にも響きました。

「自然界に一人勝ちはない、全ての生き物がバランスを保ちながら生きている。そのバランスを壊さないこと、それが農薬を使わないということなんです。」

DSCN3332.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。